週間女神湖便り

信州白樺高原、標高1,500mにある 小さくて神秘的な湖『女神湖』 そんな女神湖の湖畔にたたずむ静かなリゾートホテル 『ホテルアンビエント蓼科』から 信州蓼科の旬な話題を毎週お届け♪

隠れた氷瀑スポット 

2012/03/02
Fri. 19:50

~平成24年2月20日(月)~2月26日(日)の情報~


今週は前半は真冬並みの寒い日々、

後半は雨を境にして3月上旬並みの暖かな日々となりました。

白樺湖では20日朝にとてもきれいな

樹霜(じゅそう、霧氷の一種で良く晴れて冷え込んだ朝に良く見られる)が観察でき、

陽が昇るにつれて樹霜がはらりと落ちる様がとても印象的でした。

2.20樹氷
白樺湖 樹霜 (2/20)



今回は少しマイナーな氷の滝、氷瀑をご紹介します。 

ホテルから30分強、長和町に不動滝があります。

大門街道(国道152号線)を大門峠から20分ほど車で下ると

右側に不動滝入口の看板があります。

2.20不動滝入口
長和町 不動滝 大門街道からの入口


ここから不動滝まで4km、雪の少ない時なら車で手前600mの所まで行くことができますが、

除雪されない林道ですから積雪が多い時にはここから歩いて行った方が良さそうです。 

この日は歩いて行ったのですが沢沿いの雪道は歩きやすく、

カモシカに出合ったりと気持ち良く滝までウォーキングできました。 

ちなみに標高差は350m位、

要所々々に指導票があるので道を間違えることはありません。

2.20不動滝林道1
積雪の林道をひたすら歩きます

2.20不動滝大茂沢
沢沿いの気持ちの良い道です

不動滝入口
残り600m地点 車の場合はここまで


不動滝は落差15m位の少し幅広の滝で不動滝の名前の通り安定感のある形をしています。

滝全体が完全に凍りつき、すぐそばまで寄れるので迫力ある写真を撮ることができます。

2.20不動滝氷瀑1
落差15m、不動滝氷瀑(2/20)
 

2/20時点では雨の影響か少し土が混ざり茶色の部分がありましたが、

2月上旬までならもっときれいな青氷の氷瀑が見れたと思います。 

なかなか行きにくい所ですが穴場のお勧めスポットです。 

氷瀑がお好きな方はぜひチャレンジされてみては! 



蓼科女神湖畔の高原リゾート
ホテルアンビエント蓼科

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2017-09