週間女神湖便り

信州白樺高原、標高1,500mにある 小さくて神秘的な湖『女神湖』 そんな女神湖の湖畔にたたずむ静かなリゾートホテル 『ホテルアンビエント蓼科』から 信州蓼科の旬な話題を毎週お届け♪

雪を割って咲く福寿草の花に春の訪れを感じます 

2014/02/26
Wed. 13:43

~平成26年2月17日(月)~2月23日(日)の情報~

今週の19日は二十四節気の一つ雨水(うすい)。 

「雪や氷が溶けて水となり、雪が雨に変わる」という意味で、

春の暖かさを感じる季節です。 

が、今年は先週の大雪の後強い寒気が入り込み、

晴天が続いたものの真冬の寒さ。 

なかなか雪解けが進まず、大雪から一週間たった今でも

除雪に追われる日々が続いています。

ホテル構内除雪
ホテル駐車場 大雪の後片付け


ホテルから車で1時間15分、

蛍祭りで有名な辰野町の沢底(さわそこ)地区で

フクジュソウが見ごろになっています。 

清流沢底川沿いにある静かな山村で、

永正2年(1505年)の銘が刻まれた

日本最古の道祖神があることで知られています。

沢底部落
辰野町沢底 福寿草の里(2/23)

ニホン最古の道祖神
日本最古(1505年)の道祖神


民家の裏の土手にたくさんの福寿草が植えられていて

住民の方々の手づくりの小道を散策しながら

フクジュソウを楽しむことができます。

2.23 沢底フクジュソウ1
民家の裏の土手沿いに散策路があります

2.23 沢底フクジュソウ3
早春を彩る見事な黄金色の花

2.23 沢底フクジュソウ2
大雪の後なのでより有難い感じがします
 

今年は大雪のせいで残雪が多いのですが、

陽当たりの良い土手が多いため雪解けが早く進み、

例年通りの時期に見頃になったようです。

この一週間連日大雪がもたらした被害の話題ばかりで

鬱々とした気分だったのですが、

雪を割って咲き誇る黄金色のフクジュソウの花を見ると

何だか気分が軽くなったような気がしました。


蓼科女神湖畔の高原リゾート
ホテルアンビエント蓼科

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2017-04