FC2ブログ

週間女神湖便り

信州白樺高原、標高1,500mにある 小さくて神秘的な湖『女神湖』 そんな女神湖の湖畔にたたずむ静かなリゾートホテル 『ホテルアンビエント蓼科』から 信州蓼科の旬な話題を毎週お届け♪

冬山登山の魅力 蓼科山 

2015/02/10
Tue. 14:30

~平成27年2月2日(月)~2月8日(日)の情報~

今週の4日は二十四節気の一つ立春。 暦の上での春の始まりです。 少し早いですがホテルロビーには
ひな壇がお目見え。 まだまだ真冬の寒さが続いていますがこの一角だけは一足早く春がやってきたようで、
窓からの日差しもなんだか暖かに感じられます。

2.7 雛壇
ホテルロビー ひな壇お目見え 2/5


ホテルのすぐそばに蓼科山(標高2530m 日本100名山)があります。 以前から日帰りで登れる百名山と
いうことで人気のある山なのですが、最近本格的冬山登山の入門の山としても人気沸騰中です。 ほんの
数年前までは平日に登る人は数人。 休日でようやく駐車場が埋まる位でしたが、今では平日でも駐車場は
車でいっぱい。 土日は朝7時半で車が置けるかどうかといった人気振りです。

2.4 蓼科山11.jpg
蓼科山登山道 すずらん峠口 平日でも賑わっています


歩き始めると遠くに山頂がちらりと見え、「よーし頑張るぞ!」と気合が入ります。

2.4 蓼科山1.jpg
登り始め 左の上の白い頂が蓼科山山頂


1時間~1時間半ほど胸突き八丁の急坂を登り2200m地点の森の中を抜けると不意に山頂が眼前に現れます。

2.4 蓼科山2.jpg
2200mの中間地点での蓼科山山頂


そこから最後の直登を1時間歩く森林限界を超え、2530mの山頂にようやく至ることができます。

2.4 蓼科山3.jpg
森林限界(2500m)を超し山頂まであと少し!


山頂からの眺めは360度の大パノラマ。 八ヶ岳から南北中央アルプスなど一望することが出来ます(因みに
富士山は見えません)。 もちろん完全な冬山装備と体力が必要で誰でも気軽に登れる山ではありませんが
冬山としては登山客が多いため道もはっきりしっかりしています。 雪崩の心配も通常はなく比較的安全な
雪山と言えるでしょう。 

2.4 蓼科山8.jpg
山頂2530m 八ヶ岳・南アルプスの展望


2.4 蓼科山9.jpg
360度の大展望


いつかはチャレンジしてみたいものですね!










[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2020-09