週間女神湖便り

信州白樺高原、標高1,500mにある 小さくて神秘的な湖『女神湖』 そんな女神湖の湖畔にたたずむ静かなリゾートホテル 『ホテルアンビエント蓼科』から 信州蓼科の旬な話題を毎週お届け♪

ようやくの花の便りです! 

2015/02/24
Tue. 17:43

平成27年2月16日(月)~2月22日(日)の情報

今週の19日は二十四節気の一つ雨水。 「雪や氷が溶けて水となり、雪が雨に変わる」という意味で
ようやく厳冬期が過ぎ春の息吹を感じることが出来る季節です。 実際週半ばに雪の日はあったものの
最低気温は-10℃を上回り、先週と較べると少し暖かく感じました。 とは言っても高原はまだまだ雪景色が
見頃。 朝フロントガラスに付いた美しい羽根状の霜を見ると春の訪れは遠く感じます。

横谷峡 雪景色.jpg
横谷渓谷 雪景色


車の霜.jpg
フロントガラスに美しい霜が付きました


そんな寒さが続く信州ですが里ではようやく花の便りが聴こえてきました。 ホテルから車で1時間30分、南信州
辰野町の沢底地区でようやくフクジュソウが咲き始めました。

2.22 沢底 福寿草1.jpg
辰野町沢底 フクジュソウ開花(2/22)


22日には福寿草まつりが行われ、ようやく訪れた春の使者との出会いに地元の方も観光客の方も皆心から
楽しそうなのが印象的でした。 この日は少し寒かったのでフクジュソウはすぼみ気味。 一面のお花畑には
なりませんでしたが、ずっと雪や氷とばかり向かいあっていた目にはフクジュソウの光沢のある黄色は何とも
素晴らしい色に思えます。 付近には日本最古の道祖神(永正2年 1505年)もあり、傍らに咲くフクジュソウと
共に何ともいえない風情を感じさせてくれます。

2.22 沢底フクジュソウ祭り.jpg
沢底福寿草まつり(2/22)


2.22 沢底 福寿草2.jpg
集落の土手にフクジュソウが一面に咲きます


2.22 道祖神.jpg
日本最古の道祖神も見逃せません


ようやくお伝えできた春の花の便り。 高原はまだ冬真っ盛りですが信州の早春を実感できた一週間でした。


[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2017-10