FC2ブログ

週間女神湖便り

信州白樺高原、標高1,500mにある 小さくて神秘的な湖『女神湖』 そんな女神湖の湖畔にたたずむ静かなリゾートホテル 『ホテルアンビエント蓼科』から 信州蓼科の旬な話題を毎週お届け♪

三寒四温で徐々に近づく春 

2012/03/16
Fri. 21:59

~平成24年3月4日(月)~3月11日(日)の情報~


3月5日は二十四節気の一つ啓蟄(けいちつ)。 

蟄とは土の中に隠れている虫や小動物の意味で

「冬の間冬眠していた虫たちが穴を啓いて這い出してくる」

という意味でいよいよ本当の春の訪れを実感する季節です。 

5日から6日にかけて大雨が降り、その後気温が上がり5月並みの陽気。 

積雪も一時女神湖周辺でも10cm位と雪溶けが進みました。 

その後週末には大雪が降りまた冷え込んでと、

何とも目まぐるいまさに三寒四温の一週間でした。 

大雨の降った後の雪原には雨の流れた無数の筋がつき、

また木を伝って流れ落ちた雨が木の根本に穿つ

「根回り穴」が出来たりと春の雨は様々な置き土産を置いていきます。

3.6雨の跡
雪原に雨の流れた跡が(3/6)

3.6根回り穴
雨が穿った跡 根回り穴も現れました
 

そしてこの雨と暖かさで女神湖畔の木道付近では

いよいよザゼンソウ(座禅草)が顔を出し始め、

ようやく標高1530mにも春の使者が訪れました。


3.6女神湖木道付近
女神湖木道付近 地面が見えてきました

女神湖ザゼンソウ
女神湖 ザゼンソウが顔を出しました(3/6)


先週ご紹介した諏訪城山福寿草園のフクジュソウが

雨と暖かさで一気に満開となりました。

3.11大熊フクジュソウ
諏訪 城山福寿草園 満開(3/7)


先週の同アングルからの写真と比べていただくと面白いかもしれません。

暖かな春の陽光を浴びて気持ちよさそうに咲いている満開の福寿草。

1年前の震災翌日にここを訪れた時に感じた深い悲しみや不安感。

だけどその心を少し和ませてくれた花々に改めて感謝の気持ちを抱きました。 

この花を見る度に再びこの花々を見られる幸せを感じると共に、

深い鎮魂の想いを抱いていくことでしょう。


3.6沢底フクジュソウ
元気をもらえます!



蓼科女神湖畔の高原リゾート
ホテルアンビエント蓼科


[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2012-03