FC2ブログ

週間女神湖便り

信州白樺高原、標高1,500mにある 小さくて神秘的な湖『女神湖』 そんな女神湖の湖畔にたたずむ静かなリゾートホテル 『ホテルアンビエント蓼科』から 信州蓼科の旬な話題を毎週お届け♪

クリスタルの輝き 雨氷 

2016/02/02
Tue. 15:13

今週も寒い日が続いたのですが29日だけ雨が降ってしまいました。 地上の気温が-2℃なのに
なぜか雨。 このような時は雨氷(うひょう)と呼ばれる自然現象が起こります。 普通大気の温度は
地表から上に行くほど下がりますが、上空に0℃以上の暖かい空気の層(逆転増)が存在し、地表付近の
温度が0℃以下という特異な条件の時に雨滴が地表付近の冷たい空気の層を通過する際「過冷却状態」に
なります。 「過冷却」とは水が0℃以下になっても凍らない状態のことで、これが地表に到達し枝などに
付着するとたちまち凍りつき雨氷となります。 雨氷の氷は密度が高い重い氷と言われていて、半径1cm
ほどの氷に木々が被われるとその重さで木が倒れてしまいます。 幸い蓼科周辺ではそれほどの被害は
なかったのですが、松本市の山間部では倒木で甚大な被害があったようです

今回の女神湖・白樺湖周辺の雨氷は程よい(?)もので2日後に晴れた日にはスワロフスキーのクリスタルも
真っ青の美しさ。 何回か雨氷を見た私も今回のものが一番美しいと思いました!

1.31 雨氷3
女神湖 雨氷


1.31 雨氷1
全ての物が氷で包まれました


1.31 雨氷2
ナナカマドの実の雨氷


1.31 雨氷4.
雨氷のカラマツ林


諏訪湖のコハクチョウもすいぶん増え、100羽近くが集ってのんびりと氷上で日向ぼっこをしています。
厳冬期の信州、真冬の光がまぶしい一週間でした。

1.28 諏訪湖 コハクチョウ2
諏訪湖 横河川河口 コハクチョウ飛来地


1.28 諏訪湖 コハクチョウ1
100羽近くが氷上でくつろいでいます


※平成28年1月25日~1月31日の情報

女神湖周辺   週間最高気温(日中) -15℃  週間最低気温  1℃   積雪量  10cm 

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2016-02