FC2ブログ

週間女神湖便り

信州白樺高原、標高1,500mにある 小さくて神秘的な湖『女神湖』 そんな女神湖の湖畔にたたずむ静かなリゾートホテル 『ホテルアンビエント蓼科』から 信州蓼科の旬な話題を毎週お届け♪

梅雨真っ盛り 雨の日が続きます。 

2019/06/25
Tue. 21:20

令和元年6月17日(月)~6月23日(日)の情報

今週の22日は二十四節気の一つ夏至。 昼の長さが14時間35分で一年で最も長くなる日です。
一週間の内5日は雨降りの日になり正に梅雨真っ盛り。 気温が低い日が多く、梅雨寒の日が続いて
います。

霧の教会.jpg
梅雨真っ盛り 寒々しい日が続いています

先週位からホテルの近くにある蓼科第二牧場で牛や馬の放牧が始まりました。

第二牧場1.jpg
蓼科第二牧場 放牧開始

屋外で美味しい草を食べ運動し丈夫な体を作るためのもので、蓼科だと夏でも涼しいため避暑?も
兼ねているようです。 

ホテルから車で15~30分、車山肩など霧ヶ峰の標高の高い所でもレンゲツツジが見頃になってきました。
同時期に咲く目立つ白花のコバイケイソウも開花し始め、日に日に高原の彩りが豊かになってきています。

コバイケイソウ.jpg
車山肩 レンゲツツジ・コバイケイソウ開花 (6/23)

ホテルから車で30分位、八島湿原ではレンゲツツジやヤマツツジが見頃。 ここは花の種類が多く、一周
3.7km位の遊歩道を歩くと目立つツツジ以外にも様々な花が咲いています。 アマドコロやグンナイフウロ、
アヤメやカキツバタなどがこの時期の代表格です。

八島湿原木道.jpg
八島湿原 遊歩道 しっとりと濡れた木道散策も良いものです

アマドコロ.JPG<
八島湿原 アマドコロ見頃 (6/23)

可憐な花々を楽しみながら散策しているとふいに良い香りが漂ってくることがあります。 その時は
ぜひ周囲の地面を見渡して下さい。 どこかにチューリップの葉に似た双葉が群生しているはずです。
正体はニホンスズランで、葉の下の慎ましい白い釣鐘状の花が爽やかな甘い香りを放っています。

s-スズラン.jpg
八島湿原 ニホンスズラン見頃 (6/23)

大きな葉の下でそっと花咲かせることから別名は「君影草」。 なんとも風雅な命名で名付けた人の
想いが感じられる良い名だと思います。 香りも楽しみながら歩く梅雨時の高原。 雨の合間の豊かな
ひと時でした。



女神湖周辺    週間最高気温(日中)  19℃   週間最低気温(日中)  9℃




[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2019-06