FC2ブログ

週間女神湖便り

信州白樺高原、標高1,500mにある 小さくて神秘的な湖『女神湖』 そんな女神湖の湖畔にたたずむ静かなリゾートホテル 『ホテルアンビエント蓼科』から 信州蓼科の旬な話題を毎週お届け♪

冬の澄んだ青空にも負けない神秘的な青の氷 

2013/03/03
Sun. 16:49

~平成25年2月18日(月)~2月24日(日)の情報~

今週の18日は二十四節気の一つ雨水(うすい)。 

「雪や氷が溶けて水となり、雪が雨に変わる」という意味です。 

実際18日は雪後雨で、まさに雨水どおりの日となりました。

ただ週中以降は今冬最大の寒気のため真冬の寒さに戻ってしまい、

まだまだの春は遠いなあ、というのが実感です。

この2月は長野県は記録的な寒さとなっていて、

蓼科でも例年だとガードレールの高さを少し越す位の積雪量が、

今年はバス停や車が埋まるほどあります。

2.24 バス停
バス停が埋まるほどの積雪です(2/24)

2.16 ホテル構内 雪車
車も一晩で雪だるまになります
  

気温が低いため例年だとそろそろ溶け始める氷瀑が

今年はまだまだ大きく成長しています。 

横谷渓谷の氷瀑は石清水が凍り大きなつららとなり、

やがて隣同士がくっつきあってまるで滝が凍ったように見えるもので、

一部は水をかけて人工的に作ったものもあります。

2.24 横谷氷瀑1
横谷渓谷 氷瀑 まだまだ見頃です(2/24) 


手前にある霧降の滝周辺の氷瀑と、

そこから20分ほど奥にある屏風岩の氷瀑が有名で、

遊歩道も日陰のため雪質が良く気持ちよく雪道散歩ができます。

横谷遊歩道
遊歩道での雪道散歩


去年から造られているものですが、

蓼科高原の小斉の湯の近くに7~8mもある氷柱があります。

小斉の湯のご主人が小斉川の水をポンプでくみ上げ噴水し造りあげたもので、

水の質が良いのか見事な青氷となっています。

小斉川氷瀑3
小斉川氷瀑 今年は2柱できました(2/24) 

小斉川氷瀑5
とても美しい青氷です!
 

ここは駐車場からすぐの所にあるので誰でも見ることができ、

今一押しの氷瀑スポットと言えます。 

冬の澄んだ青空にも負けない神秘的な青の氷は一見の価値大ですよ!



蓼科女神湖畔の高原リゾート
ホテルアンビエント蓼科

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://weeklymegamiko.blog96.fc2.com/tb.php/122-cc148a73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-09