FC2ブログ

週間女神湖便り

信州白樺高原、標高1,500mにある 小さくて神秘的な湖『女神湖』 そんな女神湖の湖畔にたたずむ静かなリゾートホテル 『ホテルアンビエント蓼科』から 信州蓼科の旬な話題を毎週お届け♪

~平成26年3月10日(月)~3月16日(日)の情報~

今週も前半は真冬の寒さでしたが13日に大雨が降り、

その後はようやく春の暖かさを感じるような陽気になってきました。 

大雨のため一気に積雪が減り、

道路際の雪の壁も先週より30cmは低くなったような気がします。 

このまま順調に雪解けが進んでくれると良いのですが。

今週は雪の高原を離れて、

諏訪大社の下社の見どころをお知らせしたいと思います。 

よくご紹介する上社の本宮から車で20分、

諏訪湖の対岸に下社はあります。 

春宮と秋宮の2社がありますが、賑やかな方が秋宮で、

江戸時代の名工初代立川和四朗が造営した幣拝殿(国重文)や

長さ7.5m 重さ1tの大注連縄(出雲大社のものとほぼ同じ大きさで日本一の大きさ)、

青銅製としては日本一の大きさの狛犬など見どころがいっぱいです。 

また幣拝殿横には昭和天皇がご覧になった

「天覧の白松」があるのですが、

この3本の松葉は知る人ぞ知る幸運アイテム。 

お財布に入れると金運が上がると言われていて大人気、

なかなか青い松葉を拾うことはできません。

3.15 秋宮 弊拝殿
諏訪大社 秋宮 幣拝殿(国重文)

3.15 秋宮 神楽殿
神楽殿 大注連縄(おおしめなわ)

3.15 秋宮 白松
天覧の白松 

白松 松葉
白松の3本松葉 幸運と金運アップします! 


秋宮から車で5分ほど離れた場所にある春宮は

参拝客も少なく静かで趣のある所です。 

お社裏の砥川を渡ると有名な万治(まんじ)の石仏があり、

岡本太郎画伯が「こんな面白いもの見たことがない!」と大絶賛した

素朴でユニークなお姿に心癒されることでしょう。

3.15 万治の石仏
春宮奥 万治の石仏

万治の石仏2
岡本太郎大絶賛のユニークな石仏です


暖かな早春の陽を浴びてのお社巡りは楽しいものですよ!


蓼科女神湖畔の高原リゾート
ホテルアンビエント蓼科

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://weeklymegamiko.blog96.fc2.com/tb.php/177-61607f00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-02