FC2ブログ

週間女神湖便り

信州白樺高原、標高1,500mにある 小さくて神秘的な湖『女神湖』 そんな女神湖の湖畔にたたずむ静かなリゾートホテル 『ホテルアンビエント蓼科』から 信州蓼科の旬な話題を毎週お届け♪

立春 雨氷の輝きは続いてます 

2016/02/09
Tue. 15:49

今週の4日は二十四節気の一つ立春。 暦の上では春の始まりですが女神湖周辺は先週から
引き続き真冬の空気に包まれています。 そのため5日経っても先週の雨氷は溶けずにまだ
残っていて、相変わらず美しく輝いています。

2.2 雨氷1
雨氷 5日経ってもまだ輝いています


先週の雨氷に較べるとややボリュームは減り、少し溶けて小さなツララ状になった雨氷はまた違った
表情を見せてくれます。

2.2 雨氷2
小さなツララ状になった雨氷 刻々と形が変わります


カラマツ林は雨氷の見栄えがするためまるでクリスタルで出来たおとぎの世界の森のよう。 こんな風景が
長く楽しめるのは本当に嬉しいものです。

2.2 雨氷3
カラマツ林雨氷 おとぎの世界の森


話は変わって今年は数えで7年に一回行われる諏訪の御柱祭りの年にあたります。 上社・下社各8本の御柱が
必要となるのですが、今年は諏訪地方から離れ中央アルプス山麓の辰野町横川で上社用の樹齢150~200年
もののモミの大木が8本伐採されました。 現在辰野町横川の「かやぶきの館」に安置されていて、一目見たさに
平日でも多くの観光客の方が訪れています。 長さ17m直径1m重さ16トンのご神木は迫力があり勇壮なお祭りが
今から想像できてわくわくしてきます。 「かやぶきの館」は日本一の大きさのかやぶき屋根で有名ですが、ここで
食べることができるそばは地元の女性陣の手打ちで美味しいです。 ホテルから車で1時間45分と遠いですが
いってみる価値大ですよ!

かやぶきの館
辰野町 横川 かやぶきの館


辰野 御柱置き場1
上社御柱8本が勢ぞろい


辰野 御柱置き場2

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://weeklymegamiko.blog96.fc2.com/tb.php/281-726f754a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-08