週間女神湖便り

信州白樺高原、標高1,500mにある 小さくて神秘的な湖『女神湖』 そんな女神湖の湖畔にたたずむ静かなリゾートホテル 『ホテルアンビエント蓼科』から 信州蓼科の旬な話題を毎週お届け♪

厳冬期 女神湖の朝 

2018/01/09
Tue. 09:29

平成29年12月25日(月)~12月31日(日)の情報

今週も相変わらず寒い日が続きました。 週初めと終わりに少し積雪があり、女神湖周辺は15cm位の
雪が積もっています。 異常に雪の少なかった昨年・一昨年よりは多いのですが本来の蓼科の年末としては
大分少ないような気がします。 蓼科のある長野県の内陸部は冬型が強い寒い冬であればあるほど雪が
降りにくく、過去2年が暖冬で積雪が少なかったのに対して今年は寒すぎて雪が降らないというパターンに
なっているようです。

厳寒期の良く晴れて風がない朝、女神湖では樹霜(じゅそう)という自然現象が見られます。 樹氷が気温の
低い強風時に濃霧が木々などに付着し成長する(俗に言う海老の尻尾)のに対して、樹霜(じゅそう)は空気中の
水蒸気が樹枝などに付着した樹枝状ないし針状の結晶で、よく成長した物は美しい羽毛のような形をしています。

日の出前、木々は樹霜に覆われ寒々と凍てついているのですが、朝日が差し込んだ瞬間この世のものとは
思えない美しい輝きを放ちます。

1.4 カエデ.jpg
日の出前の女神湖 カエデの樹霜 何もかも凍てつきます

1.4 女神湖.jpg
朝日差し込む女神湖

黄金色に輝く葦の樹霜、白銀に輝く白樺の樹霜。 ふと気付くとダイヤモンドダストが朝日に漂い、光り輝く
女神湖の朝を彩ります。

1.4 アシ.jpg
葦の樹霜(じゅそう)が黄金色に輝きます

1.4 白樺 樹霜.jpg
白樺の樹霜の白銀の輝き

ダイヤモンドダスト.jpg
-13℃ ダイヤモンドダストが出現

年末からスノーシューのツアーも始めました。 運が良ければ樹氷や樹霜の景色を楽しむことができます。
厳寒期ならではの冬の美を楽しんでみませんか!

スノーシュー.jpg
自然塾 スノーシュー始まりました!




女神湖周辺   週間最低気温(日中) -13℃   週間最高気温(日中)  3℃   積雪 15cm 


 

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://weeklymegamiko.blog96.fc2.com/tb.php/406-f7b4df3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2018-05