FC2ブログ

週間女神湖便り

信州白樺高原、標高1,500mにある 小さくて神秘的な湖『女神湖』 そんな女神湖の湖畔にたたずむ静かなリゾートホテル 『ホテルアンビエント蓼科』から 信州蓼科の旬な話題を毎週お届け♪

雲海と星空 カノープスが見えました! 

2019/11/05
Tue. 18:32

令和元年10月28日(月)~11月3日(日)の情報

今週は29日の火曜日に雨が降りましたがそれ以外は全て晴れ。 本当に久しぶりに安心して外出
できる行楽日和の一週間になりました。 早朝には氷点下近くに気温が下がる日があり、寒暖の差が
大きくなったので紅葉も順調に色付き見ごろを迎えています。

蓼科全般でカラマツの黄葉が見頃を迎えています。 今年は赤色の紅葉の発色が今一つなのに対して
黄色はなかなか良い色になり、ようやく見栄えのする高原らしい黄葉風景を楽しむことが出来ます。

IMG 3267 1.jpg
蓼科高原 カラマツ黄葉見頃 (11/1)

ホテルから車で30分の紅葉の名所横谷観音ではメインの展望台での紅葉は見頃過ぎになってしまい
ましたが、駐車場へのアプローチのカエデのアーチは見頃始まり。 映画のワンシーンになりそうな
景色の中を歩くのはとても楽しいものです。

IMG 3320 1.jpg
横谷観音駐車場へのアプローチ 紅葉見頃始まり

同30分の蓼科湖畔でも紅葉が見頃。 ここは女神湖よりも300m標高が低い(1230m)ので例年
11月の初め位に紅葉が美しく色付き、遊歩道も歩きやすいのでのんびりと紅葉ウォークを楽しむことが
できます。

蓼科湖 紅葉.jpg
蓼科湖畔 紅葉見頃 (10/31)

ここのところ雲海が良く出現します。 雨の降った翌日、風が弱く晴天になりそうな日の出前(朝3時ごろ)
からがねらい目で、運がよければ星空と雲海の競演を楽しむことが出来ます。 10月30日の早朝に
条件がそろいそうだったので出かけてみると、素晴らしい光景に出遭うことができました。

雲海 星2.jpg
富士見台 オリオン座と冬と大三角形 雲海の競演 (10/30)

次の写真の真ん中の下の部分、南アルプスの山々と接するように赤い星が見えます。 これが
りゅうこつ座のカノープスという一等星です。

カノープス1.jpg
カノープスと冬の星座  (10/30)

カノープス(マイナス0.7等)は、おおいぬ座のシリウス(マイナス1.5等)に次いで全天で2番目に明るい
恒星です。 しかし、日本の多くの地域でのカノープスの南中高度(南の空で最も高くなる時の高度)が
低く、とても見つけにくい星です。

カノープスは本来白く輝く恒星ですが空の低い位置に見える星は地球の大気の影響で、実際の明るさ
よりも暗く、赤みがかかった色に見えます。 中国では、カノープスを「南極老人星(なんきょくろうじんせい)」と
呼び、この星を見ると寿命が延びる、という伝説があるそうです。 2月位になると夜の早い時間に見れる
ようになるので冬の星空観察の楽しみになっています。

この日の明け方には「夜空のピラミッド」と呼ばれる黄道光も観察することができました。

黄道光.jpg
「夜空のピラミッド」黄道光 (10/30)

詳しい説明は省きますが、天の川より淡い不思議な光で、こういう天文現象の写真を撮ることができて
とてもラッキーでした。

昼は紅葉、夜は雲海と神秘的な星と天文現象。 とても忙しい高原の秋です。




女神湖周辺   週間最高気温(日中)  14℃  週間最低気温(日中)  2℃




[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://weeklymegamiko.blog96.fc2.com/tb.php/513-233b08b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2019-11