FC2ブログ

週間女神湖便り

信州白樺高原、標高1,500mにある 小さくて神秘的な湖『女神湖』 そんな女神湖の湖畔にたたずむ静かなリゾートホテル 『ホテルアンビエント蓼科』から 信州蓼科の旬な話題を毎週お届け♪

蓼科高原 寒の戻りで再び雪景色! 

2012/03/21
Wed. 21:59

~平成24年3月12日(月)~3月18日(日)の情報~

今週は真冬の寒さに逆戻り。 

先週の最高気温の12℃に対して―11℃の最低気温(日中)と

何とも極端な、体に堪える寒の戻りとなりました。

ほとんど雪のなかった女神湖の木道も先週末の大雪で再び雪で覆われ、

女神湖の結氷のため陸揚げされているスワンボートにも

30~40cmの新たに積もった雪が載り、

なんだかカメのようなユニークな姿になりました。

3.12女神湖木道
女神湖畔 木道 再び雪景色(3/12)

3.12女神湖スワンボート
スワンボート 30~40cm積もりました


南岸低気圧の通過に伴い3月に降る雪のことを信州では上雪(かみゆき)と言い、

真冬とは逆に長野県北部よりも中南部の方が積雪量が多くなります。 

山と里と同じくらいの雪が降り、

春先の雪のため真冬のパウダースノーと比べてかなり湿って重たい雪となります。 


八ヶ岳エコーライン(標高1100m位)の道路横の田畑から

八ヶ岳頂上(標高2899m)までしっかり雪で覆われるため

真冬とは違った雪景色を楽しむことができます。

3.13八ヶ岳
エコーラインからの八ヶ岳 白銀の世界 
 

また渓流沿いの雪景色も厳冬期の凍てついたそれとは違い、

湿った雪が小さな石にもふんわり積もり、

やわらかな感じのするものとなります。

3.10蓼科大滝
蓼科大滝 雪化粧

3.10沢の雪景色1
渓流の石にふんわり上雪が積もりました
 

同じ雪景色でも季節により違いがありよく観察すると面白いものです。


満開のフクジュソウもまた雪に埋もれてしまいましたが、

雪の中でも太陽を浴びて平然と開きます。

埋もれフクジュソウ
フクジュソウ 雪にも負けず
 

まさに雪中花。 

可憐でありながらたくましいフクジュソウに感心する寒の戻りの一週間でした。
 


蓼科女神湖畔の高原リゾート
ホテルアンビエント蓼科

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://weeklymegamiko.blog96.fc2.com/tb.php/68-2502a474
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-09